2009-05-12 19:22:20

スーパー耐久第3戦 レースレポート【予選】

テーマ:レース

2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 5月10日 予選&決勝


■開催概要およびレース結果

開催日 2009年5月10日(日)予選&決勝 
開催地 宮城県柴田郡村田町「SUGOスポーツランド」(一周3.704km)
レース距離 400Km(周)
ドライバー Aドライバー Takamori.com / Bドライバー ガミさん
車両名 asset.テクノファーストZ
レース結果 ST3クラス 予選6位 / 決勝2位 (ドライ) 
参加台数 27台(決勝レース出走 26台、 完走22台)
観客動員 7000名
どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』



■2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 予選

2009年スーパー耐久シリーズ第2戦も開幕戦と同様に1DAY開催となります。スケジュールを簡単にご紹介しますと、午前中に予選を行い決勝グリッドを決定します。その後、ファンサービスのピットウォークを挟み、午後から決勝レース(400Km)を行うという過密スケジュールです。

そのために、予選でのマシントラブルは決勝レースに致命的な影響を与えるため、今回は予選を練習走行と割り切り、決勝レースに専念する方向で戦いました。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

実は、金曜日から行われた練習走行で、1分31秒台(昨年のST3クラス。ポールタイム相当)で走行開始し、順調な滑り出しに見えたのですが、コースを攻めれば攻めるほど、SUGO独特のコースレイアウトと自分のドライビングスタイルの相性が悪く、ロールするマシンと縁石の使い方に上手く対応できずに、縁石でフロントスポイラー引っ掛けてしまい、結果、ラジエータ周りまで修復が必要なトラブルを起こし貴重な練習時間を失ってしまうという事態になってしまいました。


スーパー耐久レースの趣旨は、市販車レベル(N1)のマシンで長丁場を走るレースであり、スーパーGTのような300~400Kmスプリントレースではないので、当然、マシンへのいたわりが大事なファクターになるはずと考え、あえて予選では無理をせずに、流れが悪い時は、無理にがんばっても悪い方へ行くだけだから、無理せず、400Kmをまとめる方向でレースをしようと、言い聞かせ予選に望みました。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

今回、練習走行から気にしているマシンのロールを上手く処理したいんですが、基本的に自分の運転はファイター型なので、キワドイマシンコントロールを好む傾向が強いんです。フォーミュラーのように急激な過重変化をしたがる性格が裏目に行っているのは重々承知しているので、それを性格で、しなやかにやわらかく走らせるように努力しているのですが中々上手に行かないもんだな・・・・と思っています。

マシンは昨年のチャンピオンマシンなので、かなり良く仕上がっています。上手く走らせられないのは、自分のスキル不足。マシンのセッティングは昨年チャンピオンを獲得しているドライバー達がセットアップしたままの状態で、正直、自分の好みには全然フィットしないセッティングになっています。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

このマシンに乗ろうと決めた時にも、このマシンは自分に全く合っていない!と判っていて、こういう動きをするマシンも乗りこなせるように自分の懐を広げるための大切では?と考えて決めたことなので、上手にマシンコントロールできるまでは、マシンセットアップについても意見は言わない様にしています。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

今回、スプリングをやわめにしたようですが、ボクのフィーリングでは足が動きすぎて、さらにマシンへの違和感が強まった感じです。たぶん、ボクの運転の仕方だと、ハードブレーキングしてフロントダイブしてからのターンイン→アクセルオンのターンアウトまでの過重変化が大きすぎちゃって上手く処理できない感じ。。。どうしても縦方向のマシン操作時間を上手くコントロールできずにフロント→リアの過重変化スピードが速すぎでマシンの旋回とバランスがとれないようです。。。


さて、こんな状態でも、予選を決めなかきゃ!!と自分にプレッシャーかけてもショウガナイので、普通にタイヤグリップに頼り切って自己ベストでないかな?と真剣にのんびり予選アタック行ってみますかっ!!

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

予選開始とともに、マシンをガレージからピットロードへ押してもらいます。


実は、練習走行で一度も他のST3車両と合わせていないので、予選では後を着いて走って、上手くタイミングを合わせながらタイムアップできないかな?とちょっとセコイ事を考えながらのトライです。狙い通り、ST3クラスの岡部自動車Z33の後を走り、タイミングを取っていきます。

タイヤも温まり、岡部自動車Z33の後を着いて行き、アタックした周、馬の背コーナーでST4クラスにフルブロック。。岡部のZ33しか見えていなかったようで、接触寸前でフルブレーキ。。。折角のアタックラップが大失敗!気を取り直して、残り時間を見ながら、タイヤをクーリングし再アタックするのも虚しく、コースの途中で赤旗が提示され予選アタック失敗のまま終了となりました。。。

結果、Aドライバー予選は、ST3クラス6番手と最悪の結果です。。。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

とりあえず、クヨクヨしないで、決勝までの時間、ピットウォークでファンサービスしますか!


PR

コメント

[コメントをする]

1 ■予選って

かなり大変なんですね。
特にS耐の場合、性能差のあるカテゴリが混走するので、SGTより大変そうです。

しかも、あやうくクラッシュするところだったんですね。
S耐車輌は、市販車に近いので、後方及びサイドの死角はSGTマシンより少ないと思います。
やはりST4クラスのドライバーの確認ミスですね。

ピットウォークの様子、楽しめました!
どっとこむさん、写真撮るのも上手ですね!

2 ■お疲れさまでした。

2位おめでとうございます! なかなかアグレッシブなシケインの攻め方ですね!私は1ヶ月前から発病した右肘の軟骨剥離の為、ただ乗ったと言うレースでした・・・・(涙) 鈴鹿までには治りそうにありません・・・・

3 ■こんにちは

2位おめでとうございます!
次回は真ん中の一番高いところを期待しています♪
応援しています!
30日、シビックのモテギ戦、行きまーす。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード