2013-12-06 12:45:59

はったり通信?!って知ってます???

テーマ:ブログ

【博士はったり通信?!】って知ってますか???


AUTO SPORTS webでのモタスポブログで、ボクが勝手に『桃んが動画でまったり通信』をリスペクトして、Takamori博士がモタスポブログにただ画像を貼ったりするだけの企画なのですが・・・・・


チャライようで、構想7年、製作3年の壮大な企画なのです!!(もちろんUSOです。思いつき1分の企画?)


これまで、第1~3回まで【博士はったり通信?!】を書きました・・・・


【博士はったり通信?!】vol.1 モタスポブログに画像を貼ってみよう!!

http://as-web.jp/blog/takamori/info.php?no=5


【博士はったり通信?!】vol.2 画像を貼るのは楽しいの?!

http://as-web.jp/blog/takamori/info.php?no=6


【博士はったり通信?!】vol.3 桃んがステッカーを貼ってみよう!!

http://as-web.jp/blog/takamori/info.php?no=7



すいません。

vol.1でやめようかと思ってたのですが、なんか人気があるらしく・・・・・・

更新ま~だ??? と言われ、困っています。


ボクの個人的な見解では。。。  なんか、【博士はったり通信?!】って内容が軽すぎない? こんなの続けたら、ボクがとっても軽薄に見えてくるんじゃな~ぃ???と思うのです。


やっぱ、レーシングドライバーって、筑波サーキット行って、チューニングカー乗ってタイムアタックしたり、海外のレースに参戦したり、カッコ良くサイン書いたりしなきゃ、、、ダメじゃない???


落ち着いて考えると。。。 ブログに画像を貼って、『貼ったなっし~~~~ッ!!!』 とか言ってるようじゃダメじゃん。。。。 と、心が痛んで来るのです。


しかし、前向きなボクは、、、  どうせ、内容の重さは測りじゃ計れないし。。。。。 打開策は分からないので、ダセイで続けますか・・・・・


だって、


子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作亂者。未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者。其爲仁之本與。子曰。巧言令色。鮮矣仁。曾子曰。吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎。子曰。道千乘之國。敬事而信。節用而愛人。使民以時。子曰。弟子入則孝。出則弟。謹而信。汎愛衆而親仁。行有餘力。則以學文。子夏曰。賢賢易色。事父母能竭其力。事君能致其身。與朋友交。言而有信。雖曰未學。吾必謂之學矣。 子曰。君子不重則不威。學則不固。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改。曾子曰。愼終追遠。民徳歸厚矣。 子禽問於子貢曰。夫子至於是邦也。必聞其政。求之與。抑與之與。子貢曰。夫子温良恭儉譲以得之。夫子之求之也。其諸異乎人之求之與。


と論語を書いてみたところで、ありがたい言葉より、テキトーな画像の方が あなたの心のスキマヲ埋めるのね。。。。。


Takamori博士の『レース研究室』

ドーーーーーーン!!


皆さんのご希望に答えるべく、時間が有るときに【博士はったり通信?!】vol.4を更新する予定なので、みなさま、よろしくお願いしますね!



同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR
2013-12-06 09:25:52

同じ場所をクルクル回る

テーマ:ブログ
同じ場所をクルクル回ると言えば、フィギュアスケートです。

もうすぐ近所で全日本フィギュアがあるので、すっかりグランプリファイナル福岡大会を忘れてました。

さて、今からチケットを入手しなくては・・・と思うのですが、そんな事は可能なのか?

それとも知り合い探して、関係者席を分けてもらうか?

チケット、福岡の金券ショップに合ったりするのかな?


何の準備もしてないけど、取り合えず、福岡行けば、何か道が開けるのかなぁ?

この年になると、色んな事にチャレンジするのに、色々と理由つけて、保守的になってしまう・・・

まずは夕方までに東京で用事を片付けなくては。。。
2013-12-05 18:18:40

モタスポブログ『ストーブリーク ~その2~』更新しました!

テーマ:ブログ

AUTO SPORTS web モタスポブログ『ストーブリーク ~その2~』更新しました! ので、そのまま、転載しちゃいます。


バリウム残留???の影響と、彗星消滅によるモチベーション低下 のダブルパンチでTakamori博士はグロッキーなの。。。。。


なので、ぶろぉぐが書けないごど、ふにゃふにゃなの。。。。


AUTO SPORTS web モタスポブログ『ストーブリーク ~その2~』

http://as-web.jp/blog/takamori/info.php?no=9


=========================================



皆様、こんにちは、Takamori博士です。

今年も早いもので気がつくと12月になってしまいました。みなさん、サンタクロースにネダル。タカル。ゴネル。ものは決りましたか???この時期のサンタクロース達は渡り鳥のようにフィンランドから日本へ出稼ぎに来るのです。

サンタクロース達は日本人ではありませんので日本語でプレゼントをお願いしても通じません。そのため、この時期の小学校では新課程として高学年の生徒が真剣にフィンランド語を勉強しているのです。大人たちも負けてはいられません。簡単なフィンランド語を覚えるとちょっとだけお子様達に自慢できるかもしれません。。。

ボクが習得している片言のフィンランド語を皆様に内緒で教えてあげますので、サンタクロースを見つけたら、大きな声で、クッキリ・ハッキリ・シッカリと『ピュサフディ!ヴァラス!』と言ってみて下さい。サンタクロースは、キット立ち止まり、真顔でいろんな説明してくれると思います。

えっ? どうして? って?

それは、あなたが、フィンランド語で『まて、どろぼう!!』と叫んだからです。。。

そう、ボクの言葉を簡単に信じると大変な事になるのです・・・・・

さて、前置きはこれぐらいで、本題に入りましょう! 前回はSUPER GTのシートについて簡単に説明しました。今回はスーパー耐久のシートについて簡単に説明したいと思います。


■スーパー耐久のシートあれこれ
スーパー耐久に参加する目的はいろいろ在ると思いますが、大きく別けてドライバーには2通りの目的があるようにボクは感じています。1)SUPER GT参戦を目指して特訓の場としてスーパー耐久に参加するドライバー 2)楽しくアマチュア最高峰レースをエンジョイするドライバーの2つに別けられます。

この目的意識の違いは運転にも大きく現れるので、自分がどちらの目的でスーパー耐久に参戦するのか?を分析して、自分の目的に合うシートをゲットする必要があります。

スーパー耐久の大きな特徴は、スリックタイヤを用いて全国のサーキットを転戦し、1台のマシンをドライバー複数で共有して、レース中にピットイン・ドライバー交代があり、無線通信を行いながら戦略通りに走るレースと表現できます。つまり、フォーミュラーやワンメイクレースでは体験できないドライバーの色々な作業が習得できるのです。真剣に努力をすれば、SUPER GTで必要となるテクニックも色々と学べる大変魅力的なレースです。

1)SUPER GT参戦を目指す特訓の場
 ボクの経験上、オススメはST-4クラスのシートです。理由は単純、後ろから来る速いマシンを行かせながら、様々な車種とバトルして、沢山ギアチェンジしながら、タイヤの磨耗と戦い、燃費的にも長時間を一人のドライバーが全開で走れるクラスだからです。

2)エンジョイする
 オススメはGT3およびST-1クラスのシートです。(ただし、レース未経験の方は危ないので、ST-4をオススメします。)理由は単純で、マシンの力を活かし、総合上位に食い込めるからです。

3)それ以外の目的
 4WDの運転を極める!!ならST-2へ、大型ツーリングカーを極めるならST-3クラスへ、ST-5マイスターを目指すならST-5クラスへとなります。特にST-5クラスは、車重が軽く、ホイールベースも短かく、重心も高く、燃料消費によるバランス変化の影響が小さく、タイヤのグリップダウンの影響も低く、ライン取りも異なるのでST-4以上で必要となるドライバー経験値が稼げないため、ST-5マイスターを目指すしかないのです。

さて、自分の目的がハッキリとしているなら、自然と参戦クラスも明白なので、エントリーリストを見て、自分の近所のチームや、ここが良さそうと思うチームに電話すると・・・・・・・たぶん、大失敗の始まりです!!

世の中、そんなに上手く話は進まないのです。。。まずは、信用できる人を見つけて、仲良くなって、色々なチームの内情を聞きだす事から始めましょう!!そう、自分の都合でチームを選ぶように、、、チームにも都合があるのです。。。お互いの利害が合致するチームがベストですが、世の中、弱肉強食が常ですから、『ドライバー』と『チーム』のどちらが強いか?
チーム選びは慎重に・・・・・

内緒で裏話教えて!!って方は、内緒でボクにメール(たかもり@ディジョンレーシング.コム)下さいね。

でも、冒頭のサンタクロースの話覚えてます?

簡単に人を信じてはイケマセン。 :-P



さて、最後に一言。

いままでは、SUPER GTを目指すのに、スーパー耐久で経験を積む!!と言うのが一つのセオリーでしたが、2014年のトレンドになりそうなのはスーパーカーシリーズです。噂だとSUPER GTの車両も参戦できるとか・・・・(噂ですよ。確証はありません。)もし、ホントにSUPER GTに参戦している車両でスーパーカーレースに参戦できるなら、そこでレースしながら経験を積んで、慣れている車両で、そのままSUPER GTへ出場!!と言う道も出来そうですね。

もし、ホントにホントに、スーパーカーシリーズに現役SUPER GT車両が出場できるなら、誰かDIJON Racing GT-R GT3乗ってみます???

勇気ある戦士からのお便り、お待ち申し上げてます。


=========================================



メールで一言、『ハルアン ヴァラタ パイカン』とフィンランド語で言ってね!!(笑)
意味ですか????



日本語訳で、『そのシート下さい!』です。


[PR]気になるキーワード