2013-09-10 16:30:20

48号車 スー パーGT第6戦レースレポート

テーマ:ブログ

スー パーGTシリーズ第6戦レースレポート
48号車『DIJON Racing IS GT-R』(Takamori博士/千代勝正)


開催日   予選:2013年9月7日(土),決勝:2013年9月8日(日)
開催場所  富士スピードウェイ(1周4.563km)
順位    予選:GT300クラス12位 / 決勝:リタイヤ
観客動員数  9月7日(土) 19,500人 / 9月8日(日) 32,800人 /計52,300人

Takamori博士の『レース研究室』

2013年9月7日(予選)、8日(決勝)の2日間、2013 AUTOBACS SUPER GTシリーズ第6戦が静岡県小山町の富士スピードウェイで開催された。DIJON Racing IS GT-R 48号車はTakamori博士選手と千代勝正選手のコンビでこのレースに参戦した。



■9月7日(土) 練習走行
この日の富士スピードウェイは曇り空。心配されていた天気の崩れは無く、ドライコンディションの中、練習走行は予定通り9時00分から開始された。

Takamori博士の『レース研究室』


DIJON RacingはTakmamori選手を中心にセッティングを進めるべく積極的に周回を重ねて、このセッションでDIJON Racing IS GT-Rは39周を計測し、ベストタイムは千代選手が計測31周目にマークした1分40秒926で10番手につける。

Takamori博士の『レース研究室』


マシンに大きな問題も見られず、順調にセッションを終了した。このセッションでは首位から1秒以内の間に17台ものマシンがひしめき合う結果となり、この後の予選、そして翌日の決勝は激しい接戦が予想される。



■9月7日(土) 予選
14時00分から行われたノックアウト予選Q1は千代選手が担当。
Takamori博士の『レース研究室』

僅か15分のセッション時間ではあるが、あえてチームはセッション開始後4分間をピット前で待機させる事に。セッション後半でのアタックに注力する構えだ。


そして14時04分、千代選手がコースイン。タイヤを温めいよいよアタック開始。千代選手はセッション残り2分を切ったところで1分39秒799をマーク、GT300クラスのトップにつける。しかしセッション終了間際に#3 GT-Rと#16 CR-Zにタイムを更新されてしまい、結局このセッションを3位で終了。予選Q2へ進出を果たした。


インターバルを挟み行われた予選Q2セッションはTakamori博士が担当。コンディションは予選Q1セッションとほぼ変わらぬ状況。タイヤを入念に温めた後、アタックを開始したTakamori博士は周回を重ねるごとに徐々にタイムを更新。


Takamori博士の『レース研究室』

計測5周目には1分41秒685をマークして10位につける。その後、1分41秒636までタイムを縮めたが、他車のタイムアップによりこのセッションを12位で終えた。



■9月8日(日) フリー走行
決勝日は雨、ウェットコンディションの中でフリー走行が行われた。フリー走行は千代選手のみがドライブ。途中、トラブル車両を回収するために赤旗が提示、セッションは中断となるが、この中断まで千代選手はクラストップをキープ。


Takamori博士の『レース研究室』

ライバル勢のタイムアップもあってセッション結果は12位でフリー走行を終えたがDIJON Racing IS GT-Rはウェットセットの好調さをアピールした。



■9月8日(日) 決勝レース
午前中の雨はあがり、ドライコンディションに回復。マシンがグリッドに並ぶ頃には日も差してきた。そして迎えた決勝レース、スタートを担当した千代選手は序盤から果敢に攻め、徐々にポジションアップを果たしていく。8位まで順位を上げていったが、突如ブレーキの不調を無線で訴える。トラブルの重大さを感じた千代選手は15周目に緊急ピットイン。


Takamori博士の『レース研究室』

ガレージに入れられたDIJON Racing IS GT-Rはメカニックによってすぐさま修復作業が行われる。トラブルは左リアハブの破損であった。メカニックの懸命の作業でコースに復帰できたが、それでも修復に40分以上もの時間を要してしまい、この時既に先頭から20周以上もの大差がついてしまった。


Takamori博士の『レース研究室』

この緊急ピットインの際にドライバーはTakamori選手に交代。何とか完走を狙い、チェッカーまでドライブする。雨が降ったり止んだりとコースはセミウェット~ハーフウェット状態。非常に難しいコンディションの中、Takamori選手はスリックタイヤでトップグループと代わらない好ペースで周回を重ねる。しかし、わずか300kmのレースでは時間が足りず、Takamori選手は健闘するも規定周回には僅か3周及ばずに規定周回不足となり完走扱いとはならなかった。


Takamori博士の『レース研究室』


DIJON Racing IS GT-R #48 は、9月16日~17日に行われるツインリンクもてぎ(公式テスト)に参加した後、10月5日~6日で開催される第7戦オートポリス(大分県)に挑みます。引き続き応援の程、宜しくお願い致します。


同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR
2013-09-10 16:19:29

96号車 スー パーGT第6戦レースレポート

テーマ:ブログ

スー パーGTシリーズ第6戦レースレポート
96号車『DIJONワコーズエンドレスZ06RGT3』(田中勝輝/池上真)


開催日   予選:2013年9月7日(土),決勝:2013年9月8日(日)
開催場所  富士スピードウェイ(1周4.563km)
順位    予選:GT300クラス25位 / 決勝:GT300クラス22位
観客動員数  9月7日(土) 19,500人 / 9月8日(日) 32,800人 /計52,300人


Takamori博士の『レース研究室』


2013年9月7日(予選)、8日(決勝)の2日間、2013 AUTOBACS SUPER GTシリーズ第6戦が静岡県小山町の富士スピードウェイで開催された。DIJON WAKO'S ENDLESS Z06R GT3 #96は、前回鈴鹿ラウンドを欠場したため、菅生ラウンド以来約1ヶ月半ぶりのレースとなる。ドライバーは田中勝輝選手と池上真選手のコンビでこのレースに参戦した。



■9月7日(土) 練習走行
この日の富士スピードウェイは曇り空。心配されていた天気の崩れは無く、ドライコンディションの中、練習走行は予定通り9時00分から開始された。DIJON Racingは、まず池上選手がマシンチェックを目的にコースイン。しかし僅か数周を走行したところでトランスミッションにトラブルが発生。チームクルーによる修復作業が行われたが、公式練習のセッション中には修復が間に合わず、96号車の走行はここで終了となった。
Takamori博士の『レース研究室』


■9月7日(土) 予選
14時00分から行われたノックアウト予選Q1は田中選手が担当。練習走行中にトラブルが発生したトランスミッションは修復が間に合わず、スペアミッションへ積み替えを行った。トランスミッションの積み替え作業は、予選セッション開始間際にギリギリ間に合わす事が出来た。しかし、練習走行できなかったハンデは大きく、また本調子とは行かないマシンでは田中選手も1分45秒086をマークするのがやっとで残念ながらQ1突破はならず、GT300クラス24位となった。


Takamori博士の『レース研究室』


■9月8日(日) フリー走行
決勝日は朝から雨が落ち始め、フリー走行はウェットコンディションでの走行となった。田中選手、池上選手は走行時間の不足を補うため、30分間のフリー走行だけではなく、サーキットサファリの時間までを目一杯使って精力的に走行し、決勝への準備を整えた。

Takamori博士の『レース研究室』


■9月8日(日) 決勝レース
天候は回復し、午前中の雨はあがり、路面はドライコンディション。しかし、空には依然と厚い雲が多い尽くしており、今にも雨が降り出しそうな中、マシンはグリッドに並べられ、14時03分に300km決勝レースがスタートした。今回のスタートドライバーは池上選手が務める。

Takamori博士の『レース研究室』

池上選手は落ち着いたスタートを見せ周回を重ねて行く。GT500クラスが19周目に入ったところで、ホームストレート上でGT500車両の単独クラッシュが発生し、クラッシュ車両回収の為にセーフティカー(SC)が導入される。


Takamori博士の『レース研究室』


多くのチームがこのタイミングでピットインを行うが、DIJON Racingは想定しているピットインタイミングからはまだ早すぎるとの判断からコースに留まる事に。SC中にピットインを行わなかったDIJON WAKO'S ENDLESS Z06R GT3はSC解除直後には、11位まで順位を上げる事に成功した。


その後レースが再開され、33周を終えたところでDIJON WAKO'S ENDLESS Z06R GT3はピットイン。ピットイン数周前よりサーキット周辺では小雨が降り出し、降ったり止んだりと微妙なコースコンディションとなる。ピットにはドライタイヤとレインタイヤの両方が用意されたが、他チームのラップタイムを冷静に見極めて、チームはドライタイヤを選択し、田中選手にドライバー交代する。


Takamori博士の『レース研究室』

22位でコースに復帰した田中選手は残りのスティントを走りきり、DIJON WAKO'S ENDLESS Z06R GT3は58周を周回。クラス22位でFUJI GT300km RACE完走を果たした。


Takamori博士の『レース研究室』


次戦10月5日~6日に開催される第7戦オートポリス(大分県)は、DIJON Racingからは、DIJON Racing IS GT-R #48 の1台体制での参戦でDIJON WAKO'S ENDLESS Z06R GT3 #96はスキップする予定です。引き続き、DIJON Racingの応援を宜しくお願い致します。

Takamori博士の『レース研究室』

2013-09-10 09:25:35

シミュレータで練習

テーマ:ブログ
Takamori博士の『レース研究室』-DCF00903.jpg

ボク、コンピューティングレディオオプティカルインフォメーションオプティマイズシステムエンジニアを目指しているので、シミュレータくらい自分で作成出来ないとーー

と、自宅で2013NISMO GT-R GT3のシミュレータをゴニョゴニョと作成していましたがほぼ完成いたしました。

ダンパーの近似式にまだ不満足なのですが、それ以外は実車と違和感無いレベルまで仕上がったので、一旦開発はヤメて、ドライビングの練習に集中しようかしら?

中古の部品を寄せ集めて作ったけど200インチの大画面は結構イケテます。

大画面を活かし、シミュレータ後に息抜きでAKB48のライブ映像を観ながらサイリウム振りまくるMix打つ練習も違和感なくイケマス。

Kinect技術を取り入れ、Mixシミュレータの開発にも取り組むべきですかね~ジャージャー!!

[PR]気になるキーワード