2014-02-03 09:02:50

カートレースでした。

テーマ:ブログ



昨日は栃木のフェスティカでレンタルカート耐久レースにDIJON Racingは参戦してました。

なんと、チーム体重合計はブッチギリの一位で完全にレース除外対象???

完全にレースは無理な状況でしたが、チーム全員でガンバって以外にも14台中9位と大健闘したのです。

■レース内容
レース開始120ラップ位では3位まで順位が上がってしまい、周りに配慮してペースダウンを指示。

危うくシングルハンドの順位でチェッカー受けそうなので、ラストドライバーがキチンとペースを調整し、9位でチェッカー!

しかし、本気で走ったDIJON Racingの〇〇選手は、ブッチギリのファステストラップを非公式ながら記録したのです。(笑)

レッドブルカートファイト(スポーツカート)の日本チャンピオン達がいるなか大健闘の一日でした。

同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR
2014-02-01 18:05:49

文化の違いなの?

テーマ:ブログ

DIJON Racingには、沢山のドライバーから乗せてくれないか? と問い合わせがきます。


日本人からくるパターンは、『一度お話を聞かせて下さい。』なんですが、、、、


外人さんからくるパターンは、『これまでの履歴はこれ、ラップチャートはこれ、スポンサーは紹介する。シートに空きはあるか?』なんです。




ボクは後者の方が話しやすい。


自分の実力、経歴、自分のスポンサーを提示してくれているから、OK!! とか No!! と言いやすい。


一度話を聞かせてくれ・・・・・と言われても、目的も分からない人に、何を話せば良いのか??? 知らない人から話を聞くだけでもめんどう・・・・・ なのに、何を話せと・・・・・


と、言う愚痴でした。。。。(笑)



DIJON Racingでは、2014年のレース活動に向けて、マネージャー、ヘルパー、研修生、お手伝い、広報、レースクィーン、ドライバーを募集しています。


ドライバー希望の人は、自分自身を最大限アピールしてください。


レースクィーン希望の人は、どんなレースクィーンを目指しているのか? 将来は何になりたいのか?をアピールして下さい。


info@dijon-racing.com  までよろしくね。


2014-01-31 14:58:38

国際モータースポーツ競技規則付則L項

テーマ:ブログ

レースおたくな皆様こんにちは。

金曜午後のゆる~い時間をまったりとレースについて考えてみませんか?

Takamori博士です。



実は、2014年1月1日付けで、FIAの国際モータースポーツ競技規則付則L項が変更になっているの知ってました???


L項は、ドライバー保護の条件やライセンスなど、ドライバーが知っていなくてはいけない規則なのです。


で、何が変更になったのか?


どーーーーん。



えっつ、訳せと・・・・・・ はい、パシリなので訳します。



4. 国際A・Bライセンス条件

4.1 

国際Aまたは国際Bのライセンスは、ドライバーの所属するASNがドライバーの成績、能力および品行が満足たるものと確認してから発給されます。


4.2

1)国際Bを取得するためには、ドライバーの所属するASNが申請前の24ヵ月以内にドライバーが国内格式レースまたは国際開催される国内格式のレースにおいて少なくとも10レース完走していることを確認していなくてはならない。


か、


2)国際Cライセンンス取得ドライバーが、国内選手権または国際格式のレースにおいて少なくとも7レース完走していることを確認していなくてはならない


か、


3)CIK国際カートレースまたはCIKワールドカップで選手権のシリーズ成績で3位以内であること。



との事です。



■2013年までは・・・・

2年以内に、国内選手権または国際格式レースを5レース完走で、国際B申請できた。


■2014年からは・・・・

2年以内に、国内レースを10レース完走もしくは、国内選手権or国際格式レースを7レース完走で国際Bが申請できる。



で、いつから国内のライセンス発行基準が、新FIA基準に変更されるのでしょうか?


という、レースおたくな話でした。。。。。。。


[PR]気になるキーワード