1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-05-12 19:22:20

スーパー耐久第3戦 レースレポート【予選】

テーマ:レース

2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 5月10日 予選&決勝


■開催概要およびレース結果

開催日 2009年5月10日(日)予選&決勝 
開催地 宮城県柴田郡村田町「SUGOスポーツランド」(一周3.704km)
レース距離 400Km(周)
ドライバー Aドライバー Takamori.com / Bドライバー ガミさん
車両名 asset.テクノファーストZ
レース結果 ST3クラス 予選6位 / 決勝2位 (ドライ) 
参加台数 27台(決勝レース出走 26台、 完走22台)
観客動員 7000名
どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』



■2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 予選

2009年スーパー耐久シリーズ第2戦も開幕戦と同様に1DAY開催となります。スケジュールを簡単にご紹介しますと、午前中に予選を行い決勝グリッドを決定します。その後、ファンサービスのピットウォークを挟み、午後から決勝レース(400Km)を行うという過密スケジュールです。

そのために、予選でのマシントラブルは決勝レースに致命的な影響を与えるため、今回は予選を練習走行と割り切り、決勝レースに専念する方向で戦いました。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

実は、金曜日から行われた練習走行で、1分31秒台(昨年のST3クラス。ポールタイム相当)で走行開始し、順調な滑り出しに見えたのですが、コースを攻めれば攻めるほど、SUGO独特のコースレイアウトと自分のドライビングスタイルの相性が悪く、ロールするマシンと縁石の使い方に上手く対応できずに、縁石でフロントスポイラー引っ掛けてしまい、結果、ラジエータ周りまで修復が必要なトラブルを起こし貴重な練習時間を失ってしまうという事態になってしまいました。


スーパー耐久レースの趣旨は、市販車レベル(N1)のマシンで長丁場を走るレースであり、スーパーGTのような300~400Kmスプリントレースではないので、当然、マシンへのいたわりが大事なファクターになるはずと考え、あえて予選では無理をせずに、流れが悪い時は、無理にがんばっても悪い方へ行くだけだから、無理せず、400Kmをまとめる方向でレースをしようと、言い聞かせ予選に望みました。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

今回、練習走行から気にしているマシンのロールを上手く処理したいんですが、基本的に自分の運転はファイター型なので、キワドイマシンコントロールを好む傾向が強いんです。フォーミュラーのように急激な過重変化をしたがる性格が裏目に行っているのは重々承知しているので、それを性格で、しなやかにやわらかく走らせるように努力しているのですが中々上手に行かないもんだな・・・・と思っています。

マシンは昨年のチャンピオンマシンなので、かなり良く仕上がっています。上手く走らせられないのは、自分のスキル不足。マシンのセッティングは昨年チャンピオンを獲得しているドライバー達がセットアップしたままの状態で、正直、自分の好みには全然フィットしないセッティングになっています。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

このマシンに乗ろうと決めた時にも、このマシンは自分に全く合っていない!と判っていて、こういう動きをするマシンも乗りこなせるように自分の懐を広げるための大切では?と考えて決めたことなので、上手にマシンコントロールできるまでは、マシンセットアップについても意見は言わない様にしています。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

今回、スプリングをやわめにしたようですが、ボクのフィーリングでは足が動きすぎて、さらにマシンへの違和感が強まった感じです。たぶん、ボクの運転の仕方だと、ハードブレーキングしてフロントダイブしてからのターンイン→アクセルオンのターンアウトまでの過重変化が大きすぎちゃって上手く処理できない感じ。。。どうしても縦方向のマシン操作時間を上手くコントロールできずにフロント→リアの過重変化スピードが速すぎでマシンの旋回とバランスがとれないようです。。。


さて、こんな状態でも、予選を決めなかきゃ!!と自分にプレッシャーかけてもショウガナイので、普通にタイヤグリップに頼り切って自己ベストでないかな?と真剣にのんびり予選アタック行ってみますかっ!!

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

予選開始とともに、マシンをガレージからピットロードへ押してもらいます。


実は、練習走行で一度も他のST3車両と合わせていないので、予選では後を着いて走って、上手くタイミングを合わせながらタイムアップできないかな?とちょっとセコイ事を考えながらのトライです。狙い通り、ST3クラスの岡部自動車Z33の後を走り、タイミングを取っていきます。

タイヤも温まり、岡部自動車Z33の後を着いて行き、アタックした周、馬の背コーナーでST4クラスにフルブロック。。岡部のZ33しか見えていなかったようで、接触寸前でフルブレーキ。。。折角のアタックラップが大失敗!気を取り直して、残り時間を見ながら、タイヤをクーリングし再アタックするのも虚しく、コースの途中で赤旗が提示され予選アタック失敗のまま終了となりました。。。

結果、Aドライバー予選は、ST3クラス6番手と最悪の結果です。。。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

とりあえず、クヨクヨしないで、決勝までの時間、ピットウォークでファンサービスしますか!


PR
2009-05-12 19:22:10

スーパー耐久第3戦 レースレポート【ピットウォーク】

テーマ:レース
■2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 ピットウォーク

ピットウォークの様子はこんな感じ。。。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

ピットウォークでは、いつまでも落ち込んでいられないので、いつも通り元気にファンサービスです。


お調子者のTakamori.com選手は、サインもしちゃいますよっ。。。
どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』


せっかくなので、自分も空き時間にピットウォーク楽しんでみたい所ですが、今回のピットウォークは時間が短めなので、自分のピットの回りのみで、チラッと参加してみました。

ちょっとだけ、スーパー耐久のピットウォークの感じをお楽しみ下さいませ。。。


どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』


お楽しみ頂けたでしょうか?

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

それでは、そろそろ決勝レースもスタートのお時間です。。。

2009-05-12 19:22:00

スーパー耐久第3戦 レースレポート【決勝】

テーマ:レース
■2009年 スーパー耐久シリーズ 第2戦 決勝レース

スーパー耐久第2戦SUGOも開幕戦に引き続き、レース距離は400kmの長丁場です。周回数にすると108周、先は長いレースなのであわてずクレバーにレースを進めたいものです。今回のレースの目標は、『開幕戦からの悪い流れを断ち切ること。』、レースラップや運転の仕方なんて細かいものにはコダワラズ、第3戦鈴鹿での表彰台獲得に向けて、ノーミスで淡々とレースを進め、強制的に悪い流れを断ち切るのみ!!


今回、スタートドライバーはガミさんが担当。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

ボクは2スティント目に35周ほどドライブする予定。時間にすると、1時間程度のドライブなので体力的には楽勝でしょ。とにかく、ミス無く、マシンをピットまで運び、ガミさんの3スティント目に無事にマシンを渡すことのみです。

開幕戦はストップアンドゴーの典型的なサーキットである『ツインリンクもてぎ』でしたが、第2戦目の『SUGO』は、開幕戦と対照的なハイスピードなリズミカルコースです。ST3クラスは、RX-7が有利にレースを運ぶ展開になりそうです。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

スタート位置は、AドライバーとBドライバーの合算タイムで決定します。ボクが予選失敗したので、残念ながら後方からのスタートになります。SUGOはアクシデントが多いので、落ち着いて、この位置から淡々と順位を上げていくしかないですね。


今回、グリッドには、抽選で選ばれたKIDSがグリッドボードを提示してくれています。
やはり、仙台。楽天イーグルスが人気なのね。。。KIDSと一緒に記念写真を撮っちゃいます。ありがと~ね。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』


レースはローリングスタートで始ります。

しかし、イキナリ波乱の波乱が。。。ST2クラス1台とST3クラス1台がフライングスタートでドライブスルーペナルティの提示が・・・・意外と、ローリングスタートって難しいんですよね。。。ギリギリを狙うと結構リスキーなんですよ。。。

ガミさんは、淡々と周回を重ねて、ST3クラス 3~4位で40周程を消化してそろそろピットインの時間です。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

いよいよ。ボクの出番ですが、ピット前でガミさんを待っていると、監督から『落ち着いて、確実に!!』と声を掛けられました。。『はーーい。ボク、緊張しない性格なので、のんびり確実に上位に車を運びますね。』

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

無事にタイヤ交換、ガソリン補給、ドライバーチェンジをして、いよいよTakamori.com選手がスタートです。SUGOのピットロードは曲がりくねっているので、チョッピリ苦手。ここでコースアウトすると勿体無いので、そこそこのスピードでコースインします。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

無線で、『行ってくるね~』っと言っても返事が無いので、『???』です。大体、エンジニアから、『真剣に!!』とかアドバイス来るはずなのに。。。シカトですか・・・・と思い、気にせず3コーナーに飛び込みます。

ストレートに帰ってきて、ピットサインを確認し、無線で合図するも、返事無し。。。。


あれ? 無線機壊れた???

しつこく、無線で話し掛けるも応答無し。。。

気分転換にドリンクのスイッチ押すも、何にも出てこない.。。。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

もしかして、アクセサリーの電気系逝っちゃった???と思い、クールスーツのスイッチ入れるも反応せず。。。


あーーあ。1時間、孤独に頑張りますか!!と思い、ヘルメットの中で愚痴ってたら・・・・虫がヘルメットの中に入ってきた。。。あーーーあーーーーあああああ。なんか踏んだり蹴ったり、危うく、虫食べちゃうとこだったけど、なんとか。右手で取り出して。っと。あれ???



ドリンクホースが手に当たった???

もしかして、ガミさん、ボクのドリンクチューブのコネクタ差し忘れてる???

って 事は、インカムのコードも差し忘れてるの???  残念ながら、どちらのコネクタも手が届かない場所にあるので、諦めよう。。。。

あれ? クールスーツは何で動かないの??? 慌てて左手でクーラーボックスのクールースーツコネクターを探して、差し直して見ると、あっ。動いた!

涼しくなって、ラッキーっと思っていると。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

2周も走らない内に、コース脇に5ZIGEN NSXが停車しているのを発見。SCでないかな???

ストレートで何回か手を伸ばして、無線機&ドリンクのコネクタを差すのにトライしてるけど、シートベルトで体を締め上げているので、全然届かない。。。ましてや、ボクの右後のピラーにコネクタがあるので、正確な位置もわからない。。。もしかしてSCでたら、そのスキにシートベルトをちょっとだけ緩めて、トライしてみるんだけど・・・・

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

SCランが出ました!!。何回もコネクタ差すのにトライしてたら、バックストレートを徐行中に、なんとか、無線機のコネクターが刺さった。みたい。無線機のスイッチ入れると、声が聞こえてきました。。。ラッキー!! さて、次はメインストレートでドリンクチューブのコネクタささなきゃ。。。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

そんな作業をSCラン中はこなして、準備万端。さて、リスタートと同時に攻めますか!!

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

リスタートした瞬間、タイヤの内圧が低くて、挙動が安定しなけいけど、条件は皆一緒なので、1~2コーナーで、まずはRX-7を抜かします。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

背後には岡部のRX-7&Zが迫ってきているので、ミラーで様子を確認しながら、前のNSX(39号車)も数周掛けて、プレッシャー掛けていきます。ホントは一発で抜けたけど。。。わざと数周にわたって、背後からプレッシャーを掛けていきます。ミスってくれると今後の展開が楽になるんだけど。。。やっぱ簡単には、ミスってくれないのね・・・ 

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

諦めて、5周ほどバトルしたふりをして抜き去ります。これでST3クラストップまでポジションアップ。俄然やる気モードで運転してたら、無線でピットインの指示が来たので、大人しく、ピットロードのスピードに気をつけてピットイン。

残りのスティントをガミさんに任せて、僕の走行は終了です。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

ピットでモニターを観てると、信じられない事が・・・・・・・・

自分達のマシンにドライブスルーペナルティが出されました。。。

頭の中が真っ白です。。。。 オレ、なんかしたっけ???

オフィシャルが来て、ピット作業違反との事でした。タイヤの置き位置がルール通りではなかったとしてのペナルティとの事。

これで、表彰台は無くなった。と思った瞬間。まだ、SCボードの提示。これで、先ほどのドライブスルーペナルティの影響がいくらか減りました。しかし、現在4位で、リスタートに期待していたのですが、ここでまた波乱の展開が・・・

なんとSCラン中にST3クラス トップのRX-7のタイヤが外れるといったアクシデントが・・・・これで、SC中に3位までポジション回復。SCが解除されてリスタートした次の周には、ガミさんがもう一台のRX-7を抜いて、2位にポジションアップ。そのままチェッカーとなりました。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

最後まで、諦めずに落ち着いた走りでマシンをゴールに運び込み、【運】に頼った感じが強いけど、結果は結果。なんとか開幕戦から続いている【悪い流れ】を断ち切る事ができたと思います。ST3クラス 2位でフィニッシュです。

どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

応援ありがとうございました。


どっとこむの『やっぱ、レースって楽しいね!』

次のスーパー耐久シリーズは、6月7日に鈴鹿サーキット『鈴鹿スーパー耐久500Km』です。次のレースも表彰台目指してがんばりますので、応援よろしくお願いします!! 

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>