Takamori博士が語るレースの裏側ドタバタ話

【博士の人生相談? No.1】                              2014年06月16日

Takamori博士 はかせです♪♪ 1970年北海道札幌市生まれ。1995年に北海道でレーシングカートに出会い、ミッションカートで日本全国のサーキットを転戦するほどレースにハマル。2008年に四輪レースへ初参戦。わずか5レースのキャリアでSUPER GT GT300クラスへ参戦したツワモノ。レーシングドライバーと言うよりも、まるで走るエンジニア。夢はいつか自分のマイカーを持つこと。実はサーキット以外で車を運転することが無い変わったレーシングドライバー?!なのです。

F1速報の人気コーナー「マッサの人生相談」がAUTOSPORTS webで復活しています!!

『マッサさんはフェラーリ時代は(ルカ・ディ・)モンテゼモロさん、今のウイリアムズではフランク(・ウイリアムズ)さんと、大変そうな上司と付き合っていますが、何かうまくやるコツはありますか?(33歳男性)』

こんな質問に正々堂々と答えるマッサさん、素敵で~す!!

こないだ新木場のヘリポートでマッサ先生をお見かけした時に、思わず、F1速報の「マッサの人生相談」持って、サインを頂こうと思ったのですが、、、そんなミーハーな事をしてはイケナイ!!と遠くからガンミしていたのであります。。。

尊敬のあまり、ボクも定期的に人生相談に頼られてみたい~な~と思いますが、心の狭いボクは、全然知らない人から相談を受けるなんて、ガラではないので、取り合えず身近な知り合いの人からの小さな人生相談にご返答しようかな?と思っています。


さて、記念すべき第1回の質問はどれにしましょう???

とりあえず、個人的にボクに届いている小さな人生相談はこんな感じです。


『博士さんは運転が下手なのにGTでドライバーをしていますが、どうすればGTドライバーになれますか? 何かうまくやるコツはありますか? 25歳男性 (ペンネーム 竜ちゃん)』

『今度7時間耐久レースに出るんですが、30分以上走れるか?不安なんです。どうすれば耐久レース向きのドライビング(スタミナの持続)が出来ますか? 57歳男性 (ペンネーム YASUちゃん)』

『身近なドライバーで言うこと聞かないヤツがいるんです。コースアウトしたりエンジンブローさせたりしても謝らないんです。どうしたら更生出来ますか? 55歳男性 (ペンネーム けんちゃん)』

『チーフエンジニアが飼っている犬がボクを無視するんです。やっぱ、レースはエンジニアが肝じゃないっすか?エンジ二アに気に入られるように犬と仲良くなりたいんです。どうしたら犬(仮名:クッキー)と仲良くなれますか? 43歳男性 (ペンネーム はかしぇちゃん)』

『マネージャーの仕事サバキが遅いんです。でもキチンと言われた事はやるんです。自主的に率先して仕事をサバイて欲しいのです。どうすればスーパーマネジャーとして覚醒しますか? 41歳男性 (ペンネーム K1ちゃん)』

『監督の人使いがアライのです。もう限界です。どうすれば人に優しい監督になるのでしょうか? 39歳男性 (ペンネーム スーパーマネよこやさん)』

『俺を出し抜いて、女の子のカートの先生に就任した野郎がいるんです。そこで、ボクもそのチームに潜り込み、一緒にカートレースをしたいのです。でも同じ日にJAFレースで監督をしなくてはいけなくて、どう言うイイワケをすれば、監督をバックレテ、スポーツカートのレースに出場することが出来るでしょうか? 44歳男性 (ペンネーム ダメよ♪ダメ。ダメ。)』


さて、どの相談から答えましょうかぁ?



相談のご要望はアメブロ:Takamori博士の『レース研究室』までよろしく!


このページは2013年~2015年まで、AUTO SPORTS webホームページに
投稿されていたモタスポブログ(2014年06月16日)を再編集したものです。
          

Takamori博士が語るレースの裏側ドタバタ話