Takamori博士が語るレースの裏側ドタバタ話

【博士はったり通信?!】vol.3 桃んがステッカーを貼ってみよう!!                              2013年11月26日

Takamori博士 はかせです♪♪ 1970年北海道札幌市生まれ。1995年に北海道でレーシングカートに出会い、ミッションカートで日本全国のサーキットを転戦するほどレースにハマル。2008年に四輪レースへ初参戦。わずか5レースのキャリアでSUPER GT GT300クラスへ参戦したツワモノ。レーシングドライバーと言うよりも、まるで走るエンジニア。夢はいつか自分のマイカーを持つこと。実はサーキット以外で車を運転することが無い変わったレーシングドライバー?!なのです。

皆様、こんにちは、Takamori博士です。

そろそろモタスポブログを更新しなきゃ・・・・と義務感に駆られ、内容はともかく、とりあえず記事を書くコーナーの時間がやってまいりました。

そもそも、ブログの記事にどれほどの重みを持たせなくてはいけないのか?は、そのうち、JIS規格の測定器で測ることにして、モタスポブログを進めることにします。

Takamori博士がモタスポブログに画像を貼ったりするだけの企画【博士はったり通信?!】vol.3 桃んがステッカーを貼ってみよう!! の始まりで~す♪♪

今週は富士スピードウェイでJAF Grand Prix FUJI SPRINT CUPと言う特別レースがあったのです。去年もありましたが今年もあったのです。2度あることは3℃あるのか?気になるところです。

そうなんです。

この時期の富士スピードウェイは、ものすごく寒いので朝や夕方には、気温が3℃とかでした。。。スプリントレースと言うのは名称だけで、実は関係者にとっては、寒さにどれだけ耐えられるのか? と言う耐久レースなんですね。。。

さて、今回、DIJON Racingは2台体制(#48 GT-R , #96 コルベット)で参戦したので、桃んがの妹”いもんが”さんがレースクィーンで活躍していたのです。

写真は、控え室でお化粧直しをしている”いもんが”さんです。

DIJON Racingレースクィーンである ”いもんが”さんを尋ねに、ココロ優しいオートスポーツwebナビゲーターの”桃んが”さんが必然的に遊びに来るのです。。。

そう、DIJON Racing控え室とは・・・・ ジーットと待っていれば、”桃んが”さんがやって来ると言う蟻地獄的な場所なのであります。w

で、当然ながら・・・ 今回のレースも、ゆ~る~く控え室に”桃んが”さまが登場でございます!!

写真は、紅白出場を狙っているとのウワサもある”桃原シスターズ”でございます。

で、なにやら、ももんが動画でまったり通信~。と言う【博士はったり通信?!】と紛らわしい企画?のステッカーを持って来てくれたとの事です。

なんでも、今回、サーキットの特設ブースで、モータースポーツコミュニティ「ASミーティング」の紹介で配っている”ももんが”画伯が書き下ろした超レアなステッカーらしいのです。。。

写真は、”ももんが”画伯が書き下ろしステッカー

パッと見、『だせー、絵だぜ!!』と思いましたが、”ももんが”画伯が書き下ろした芸術でございます。キット、ボクの絵心が足りないのだ。。。。足りないのだ。。。。。足りないのだ。。。。。とココロの中で呪文を3秒間唱えると、ボクの価値観はアップデートされました!!

あぁ、なんて、ステキなアートなんだろう・・・・

『ぜひ、ワタクシドモノマシンにその高貴な芸術品を貼らせて頂きたい所存でございます!』と簡単な意思表明をさせて頂きました。

しかし、ここで事件が・・・・・・・・・・

詳しいことは省略しますが、土曜日のレースでかなりの外装パーツが破損したため、マシンの修復は徹夜作業となりました。。。。ボンネットだけは現場で修理不可能なレベルまで破損したため、交換が必要となったのです。。。

写真は、壊れたボンネット。(どうして壊れたのか、詳しくはヒ・ミ・ツ)

写真は、スペアのボンネット。(まさか今シーズン使う事になるとは・・・・・)

メカニックの懸命な修復作業の結果、なんとかマシンは日曜日のレースに走れる状態まで復活!! しかし、ボンネットのカラーリングが間に合わないため、ワンポイントでヒッソリと、”ももんが”画伯ステッカーが貼られることになったのです。。。

写真は、ブラッキーボンネットね。

日曜日のオールグリッドウォークでは、DIJON Racing IS GT-R #48 with ”桃んがステッカー”を美奈様と全国の皆様にお披露目致しました。

写真は、グリッドでの美奈様(桃んが)

ボンネットに”桃んが”のサインをもらおうとしたら、メカさんたちに、消すの大変だからイイカゲンにしろ!!!と説教されたTakamori博士でした。。。

きっと、マシンに『ももんがサイン』が入れば、第2レースの順位も、、、もうちょっとだけ上がったんだと思うのだぁ・・・・・・・・・(たぶん。。)

と言うことで、言い足りない事も無いし、そもそも言いたい事があったのか?と突っ込まれそうなので、このへんで、怒られそうになったらすぐに消す予定の【博士はったり通信?!】vol.3 桃んがステッカーを貼ってみよう!! 終わりの時間がやってまいりました。

じゃ~ね~。

 p.s. 【博士はったり通信?!】vol.4も計画中の・・・・・ Takamori博士でした。


このページは2013年~2015年まで、AUTO SPORTS webホームページに
投稿されていたモタスポブログ(2013年11月26日)を再編集したものです。
          

Takamori博士が語るレースの裏側ドタバタ話