レースの始め方

レース活動を始めるには?

入門レースの始め方 さぁレースを始めようと思っても、簡単に始められないのがレースの世界です。 サクッと考えても、ナンバーの無いレーシングカーってどうやってサーキットに運ぶの?といきなり難しい疑問が出てきます。 そこで、ここでは、レースを始めるために必要なTipsをご紹介します。
どんな道具が必要なの? サーキットで走るだけなら、マシンがあれば良いのですが、レース出場するためには、FIA公認のレーシングスーツ、ヘルメット、レーシングシューズ、レーシンググローブ、耐火インナー、バラクラバス等が必要になります。 一体、どこで、いくらくらいの予算で、どんな道具を用意するのか?ご紹介します。
一人では無理なの? それともチームに入るべき? 既にレースをしている友人がいるなら、”いろいろしつこく”聞いてみるべきです。ここでやっては行けない事は、インターネットの掲示板などで質問すること。 実際にレースをした事がない人達が、よってたかって、アナタをモルモット代わりに、”こうしたら?”、”ああしたら”?と無責任な意見を沢山言いいます。 どの言葉を信じてよいのか?アナタは答えを捜そうとしますが、そこに答えはありません。何のツテも無いあなたが一人で出来る事には限界がありますが、 ボクが実践してきた経験をお教えします。知りたいですか?

効果的な練習方法を考える。

入門スクールは遠回り? それとも近道なの? 入門スクールは、友達を作るには良いかもしれませんが、入門スクールの卒業生にはプロドライバーはいないのです。 ”これはオカシイ??”と、入門スクールを途中で飛び出していったプロドライバーは沢山います。 いったい、入門スクールは何が良くて、何が悪いのか?それぞれデメリットとメリットがあるのです。 目的に沿って、入門スクールを利用するのはアリですが、入門スクールに利用されるのはナシです。 ここでは、具体的な事例をあげて検討していきます。
効果的な練習方法はあるのか? スキージャンプの選手は、夏場にどんなトレーニングをしているの? 弓道の選手は、いつも1日1000本の矢を放つの??? ゴルフの打ちっぱなしで、1日に3000発打ては、プロゴルファーになれるの?と、考えると、なにか練習にはコツがありそうです。 そもそも、レーシングドライバーになるために、筋力トレーニングばかりしている人がいますが、筋肉量が増えれば、速く走れるのでしょうか? プロドライバーを目指すことに近道はありませんが、遠回りの道は沢山あります。 時間は限られているので、ここでは、効果的な練習方法を3つ教えちゃいます。
レース以外のトレーニング方法って? 練習せずにレースにでるだけじゃ、試験勉強もせずに試験を受けているだけと同じです。 レースに出場する以外にも、大切な事は適切なトレーニングをすることです。ドライビングテクニックや運動神経以上にレーシングドライバーは内面の強さが大事だって理解していますか? あなたは、ドライビングテクニックを鍛える以外に、メンタルの管理法など、適切なトレーニング知っていますか?

レースでの勝ち方「地方選手権」

どうやったら勝てるのか? 速く走れるだけでは、レースでは勝てないのです。『速いドライバー』と『強いドライバー』のどちらが好きですか? いったい両者は本質的に何が異なるのでしょうか? ポールポジションは取れるんだけど、、、スタートがニガテで・・・とか。雨は誰よりも速いけど、決勝レースは晴れが多いんだよね。。。 いろいろなタラレバ話があるものです。一度、レースで勝つと、勝ち方が判るようになるのですが、勝つまでは、”勝ち方”そのものが判らないのです。 チェッカーを目指して走るのか? チェッカーよりも大事なモノを目指して走るのか? アナタは何の為に走っているのでしょうか? そもそも、練習の時から、勝とうとして走っていますか?先ずは、そこから考える必要があるのです。

スーパーGTへの出場方法

あなたは有名ドライバー? ぶっちゃけ、有名ドライバーでなければ、スーパーGTには出場し難いものです。あなたは有名ドライバーですか? 自分が有名ドライバーか?カンタンに判別できる方法をいくつかお教え致します。
ビックサイトや幕張メッセで行なわれている各種展示会へ行って、沢山のイベントコンパニオンに挨拶されたら、あなたは、レースクィーンにとってはカナリノ有名ドライバーなのです。 何か?思い当たるフシはありませんか?思い当たるフシが無くても、10~2月に行なわれる展示会では、レースクィーンの座を狙うイベントコンパニオンは必死にアピールしてきますのでご安心下さい。。。
いろんなスポンサー様と会うとき、名刺を渡す前に、名前で呼ばれれば、やはり、有名なドライバーだと言えます。 決して、速くなくても、ある程度以上の速さがあれば、いろいろな事で有名になる手法もあります。例えば、コースサイドに埋め込まれたカメラを毎レース、踏みつけて壊せば、あなたの知名度は”破壊王”として、皆に語り告げられこと間違いありません。 または、毎レースでライバル達との接触を繰り返していれば、”アタリヤ”と言われ、知名度はウナギノボリデス。。。 毎レース、ダブルチェッカーを繰り返し行なえば、、、アイツはレースでイチバン大事なチェッカーを見落として、一体何を目指して走っているんだ???と、色んな人達の注目を浴びる事も間違いではありません。 アナタは、有名ドライバーになるために、どんな努力していますか?

SGTのシートを初めて獲得する簡単な方法 お金じゃ買えないシートなの? SGTに出たこと無いドライバーの売り込みは100%失敗する。

高森博士 home

レースは一日にしてならず。飛んで火に入る夏のレーシングドライバー。ピットロードにも3年?
このページは気がつくと、こっそりと更新されて行くのです。

レースを始めるにあたって。
RSS表示パーツ

レース用語