TCRレース

世界標準なレース TCRレース ~どんなレース~ 

世界各国でGT3以上に盛り上がる勢いを見せ、世界各地で積極的に開催されている新基準ツーリングカーシリーズ『TCRシリーズ』についてのまとめ。

TCRレース


世界中で流行りつつある新ツーリングカーレース TCRシリーズは、ツーリングカーレースの新たなピラミッド構築を目指し2015年から始まったレースシリーズ。 WTCC世界ツーリングカー選手権で使用されているTC1に続くカテゴリーとして、当初はTC3という名称で構想され、その後TCRに改められた。以前、WTCCをプロモートしていたマルチェロ・ロッティが代表を務め、F1のサポートレースとして数戦が開催されるほか、GTアジア(2017年からはブランパン・アジアシリーズへ名称変更される?)とともに『TCRアジアシリーズ』も創設され、人気を博している。TCRレースカーは、GTカーにおけるFIA-GT3規定(誰でも容易に入手可能な市販車ベースの世界規格レーシングカー)を参考に、性能調整(BOP)を設ける事により、ほぼイコールコンディションで世界中のメーカが製作するレース用ツーリングカーが参加できる仕組みとなっている。


世界では??? ヨーロッパを転戦するインターナショナルシリーズがTOPカテゴリとして、ドイツ、イタリア、ロシア、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、イギリス、北欧等のシリーズがある。
TCRインターナショナルシリーズは国際自動車連盟(FIA)が主催する世界ツーリングカー選手権(WTCC)から派生したレース・シリーズで、WTCCと比較するとランニング・コストが低く、Cカテゴリの改造市販車を対象としている。
当初、TCRインターナショナル・シリーズはWTCCで使用されているTC1、TC2というカテゴリーに基づいて「TC3インターナショナル・シリーズ」と名付けられていた。TC1はWTCCのトップカテゴリーであり、TC2は同じくFIAが主催するヨーロッパ・ツーリングカー・カップ(ETCC)に出場する車両のカテゴリー、そしてTC3をそれに次ぐカテゴリーとして設定することにより、国レベル、世界地域レベル、さらに全世界レベルでそれぞれ競い合うツーリングカー選手権のピラミッド構造を築き上げることを目的としていました。
2014年12月、2015年度から新世界ツーリングカー・シリーズを開催することがFIAによって承認され、TC3インターナショナル・シリーズのプロモーターWSC社がシリーズ名を「TCRインターナショナル・シリーズ」へと変更した。 同社CEOには、マルチェロ・ロッティを迎え、シリーズ名変更の理由に「TC3という名称は、GT3のコンセプトに着想を得て、プライベーターが容易に入手可能な市販車をベースとする、ツーリングカーの世界的な技術規格を導入する目的のもと付けられましたが、新シリーズの強みと個性を際立たせるためにTCRという名称へ変更することにした。』と説明している。 合わせて、TCRシリーズがアメリカでも開催されることが発表され、2015年にはアメリカ・ツーリングカー選手権(USTCC)のプロモーション・カテゴリーとして開催され、2016年からフルシーズンでの開催となる。


アジアでは??? アジアシリーズ(韓国、タイ、中国、マレーシア、マカオ)、タイシリーズ

※※※ 2017 TCR ASIA SERIES CALENDAR ※※※
 March 10-12th – Sepang, Malaysia
 May 12-14th – South Korea
 June 23-25th – Buriram, Thailand
 July 7-9th, Bangsaen, Thailand
 August 4-6th – Zhejiang, China
 September 1-3rd – Shanghai, China


日本では??? 2016年10月現在、TCRマシンは日本には1台も入ってきていませんが、流行するのは時間の問題です。これからの展開次第ですが2017年には日本にもTCR車両(Audi RS3 LMS)が登場しそうです。ボクは、只今、購入にむけて絶賛準備中です。2017年から日本のレースで走らせたいので、各方面と調整中ですが、イロイロと大人の事情があるようでノンビリとまってます。
TCRレースを主導するMarcello Lottiは、標準的な車両価格を100,000ユーロに設定しており、価格が高騰するGT3に代わって、各メーカから個性的な車種が登場しています。技術規則は自由度か高く、GT3で良く知られるBOPで性能調整を行なうため、個性的な車両が魅力的。
2016年11月1日現在、最も新たなTCRマシンは、アウディが2016年9月29日にパリモーターショーで発表した『Audi RS3 LMS』で、今後様々なマシンが登場することに拍車をかけそう。

TCR車両


アウディRS3 LMS
Audi RS3LMS TCR
Audi RS3LMS TCR
Audi RS3LMS TCR
Instead of the 2.5-liter turbocharged five-cylinder engine used in the road-going RS 3, the LMS uses a 2.0-liter turbocharged four-cylinder in order to comply with regulations for the series Audi plans to run it in. Regulations also mean the race car is down on power compared to the road car. The LMS produces 330 horsepower, while the RS 3 with the five-cylinder engine is good for 400 hp. The LMS will do 0 to 62 mpg in 4.5 seconds and reach a top speed of 149 mph, compared to 4.1 seconds and an electronically limited 155 mph (optionally 174 mph) for the stock RS 3. The race car does have some important options the road car lacks, though, including a racing fuel cell, roll cage, racing seat with harness, and an escape hatch in the roof. Audi plans to launch the RS 3 LMS in the European TCR International series, a cost-controlled series that features other small cars like the Honda Civic and Volkswagen GTI. A U.S. launch will depend on whether Audi decides to sell the RS 3 road car here. European prices start at 99,000 euros (about $111,000) for a “club sport” version, and 129,000 euros (about $145,000) for the full TCR-ready version.

TCR車両


ホンダ・シビック
HONDA CIVIC

TCR車両


セアト・レオン
SEAT LEON

TCR車両


フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
GOLF GTI

TCR車両


アルファロメオ・ジュリエッタ
ジュリエッタ
ジュリエッタ
ロメオフェラーリスさんで製作しているジュリエッタさんです。もしかしたら、近いうちに日本で走るかもね???

TCR車両


フォード・フォーカス
FRD FORD FOCUS
Hong KongのFRD Motorsport製作なのです。

TCR車両


KIA・CEE'D(シード)
KIA・CEE'D

Vehicle Vehicle Type – FWD Touring Car according to TCR regulation Safety cell – 25CrMo4 FIA homologated safety cell Body – Reinforced and enlightened steel bodyshell with carbon fibre aerodynamic bodykit Glazing – Windscreen & reargate screen from polycarbonate Vehicle Minimum Weight – Minimum Weight 1155 kg (empty) / 1285 kg (race ready incl. Driver) Performance 0-100km/h – 4.4 seconds Top speed – 251km/h Engine Type – Kia Theta II 4-cylinder engine, four valves per cylinder, direct injection Position – Transversely Mounted Front Supercharging – Turbocharger with driver adjustable anti lag system Displacement – 1999 cm3 (Bore x Stroke : 81mm x 97 mm) Exhaust System – Twin line stainless steel with 2x HJS WTCC “PE”catalysers Lubrication – Wet Sump with Baffle Kit EMS – Motec M142 Power – 350 hp @6400 rpm Torque – 440 Nm @1970-4720 rpm Electric / Electronics Wiring Loom – Motorsport wiring loom with military spec connectors Driver Display / Data Logger – Motec C127 Dashboard Power Distribution – Motec PDM 30 solid state power box Centre Console – Motec CAN Keypad External Shift Light – Motec SLM gear dependant Transmission Clutch – ZF Sachs Racing 2 disc sintered clutch Gearbox – 6-Speed racing sequential paddle shift gearbox with electromagnetic gear shift actuator Paddle Shift Control – Integrated into Motec M142 ECU, downshift throttle blip Differential – Multi-disc limited slip differential Suspension Wheels – OZ Racing STARD 18×10″ Front suspension – MBS- optimized McPherson suspension Rear suspension – MBS- optimized Multi-link suspension Steering / Brake Steering – Electrohydraulic pump and hydraulic steering rack Brake System – Position adjustable Tilton pedal box with balancer bar Dimensions Length – 4,651mm Width – 1,950mm Height – 1,430mm Wheelbase – 2,672mm Dry weight – 1,155kg Fuel Tank – ARL FT3 100 – FIA safety fuel tank Pricing Cup version – 98,945 EUR Top spec (TCR) version – 122,000 EUR


TCR車両


OPEL・アストラ
OPEL アストラ

TCR車両


Peugeot 308 Racing Cup
Peugeot 308 Racing Cup Peugeot 308 Racing Cup Peugeot 308 Racing Cup Model: Peugeot 308 Racing Cup Price: 74,900 euros (excl tax, approx £63,900) Engine: 1.6-litre 4cyl turbo Power/torque: 304bhp/400Nm Transmission: Six-speed sequential, four-wheel drive 0-62mph: 5.0 seconds (est) Top speed: 150mph (est)
The 308 Racing Cup – the brand’s single make series in 2017 – will feature an attractive mix of venues, including two curtain-raiser sprint races ahead of next year’s Total 24h de Spa. Meanwhile, an even bigger prize fund will be up for grabs.
The 308 Racing Cup will be eligible to compete in a broad spectrum of touring car-based competitions (TCR, ETCC, VLN, 24H Series, etc.) and a TCR Performance Kit will be available from 2018 to enable owners to race at the sharp end in the international TCR series.

高森博士 home

TCRレース車両の情報は随時更新するかもね。。。


TCRレース車両

RSS表示パーツ